おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

飼料タンク残量管理システム「Milfee」国際養鶏養豚総合展に出展 YE DIGITAL2022年4月18日

一覧へ

株式会社YE DIGITALは、遠隔監視で飼料残量確認に伴う高所作業、家畜伝染病リスクを排除する飼料タンク残量管理システム「Milfee(ミルフィー)」を、4月27日に愛知県のポートメッセなごやで開幕する養鶏・養豚の専門展示会「国際養鶏養豚総合展2022」に出展する。

「Milfee」システムイメージ

同システムは、農場に設置されている飼料タンクの蓋の内側に飼料タンク残量管理システム「Milfee」端末をとりつけることで、クラウドへ残量情報を送信し、畜産農家や飼料メーカーはクラウド上で飼料残量を管理できるようになる。

タンクの蓋につけるだけの簡単設置タンクの蓋につけるだけの簡単設置

「Milfee」端末は、弁当箱ほどのコンパクトサイズで、飼料タンクの蓋に強力マグネットで固定するだけで簡単に設置できる。業者が入場する回数を減らせるため、家畜伝染病リスクを軽減できる。今回は、実物の飼料タンクの蓋が会場に展示され、「Milfee」端末の設置の容易性を実機で確認できる。「国際養鶏養豚総合展2022」は4月29日まで開催。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る