第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

乳酸菌の機能特性の解明など評価「令和4年度農事功績者表彰」で受賞 明治2022年11月18日

一覧へ

明治は、(公社)大日本農会が実施する「令和4年度農事功績者表彰」で、「農業技術開発功労者名誉賞状」を受賞。同社独自の乳酸菌が持つ機能特性を解明し、乳酸菌を活用したヨーグルト商品の開発に尽力していることが評価された。

令和4年度で第106回目の開催となる農事功績者表彰は、農業の発展を目的として、農事改良の奨励または実行において績顕著な者や、農業上の有益な発見または研究で功績顕著な者を表彰。「農業技術開発功労者」は、食品製造企業の受賞例が少なく、酪農業界の食品製造企業としては初めての受賞となる。

表彰理由として、同社は少子高齢化社会の進行と消費者の健康志向の高まりを踏まえ、同社は乳酸菌の持つ機能特性の解明に努め、ピロリ菌抑制作用、免疫賦活多糖産生、プリン体吸収低減など、さまざまな菌株を発見。こうした乳酸菌を活用し、さらにはおいしさを向上させる技術開発も駆使してプロバイオティクスヨーグルト商品を開発し、生乳を原料として製造されるヨーグルトの市場規模の拡大に貢献していることが評価された。

■受賞者
株式会社明治
商品開発研究所 福井宗徳氏、乳酸菌研究所 木村勝紀氏、狩野宏氏、牧野聖也氏、山田成臣氏、技術研究所 堀内啓史氏

■明治独自の機能特性を有する菌株
(1)ピロリ菌抑制作用:乳酸菌LactobacillusgasseriOLL2716株
(2)免疫賦活多糖産生:乳酸菌Lactobacillusdelbrueckiissp.bulgaricusOLL1073R-1株
(3)プリン体吸収低減:乳酸菌LactobacillusgasseriPA-3株

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る