人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

子牛用防寒コート「USIMOモーっとほっと」大寒波で注目 オオツキ2023年2月3日

一覧へ

ユニフォーム・作業着の卸・小売販売の株式会社オオツキ(兵庫県丹波市)は2月3日、子牛専門の防寒ブランドUSIMOの製品として、子牛用の腹巻付き防寒コート「USIMOモーっとほっと」の改良版をはじめ、マフラーや電熱線入りマフラーを関子牛市場(岐阜県)で展示販売する。

「USIMOモーっとほっと」を着用した子牛「USIMOモーっとほっと」を着用した子牛

同社は2019年から、作業着を納品している畜産農家からの要望を受け、仔牛用の防寒グッズを独自に開発・販売するプロジェクト「USIMO」を立ち上げ、これまでに、電熱線入りネックウォーマー、マフラー、点滴保温器を開発。特に年始以降は記録的な寒波の影響を受け、昨年同月比2倍の受注が入っている。子牛の体調を気遣う畜産農家からは、高騰する光熱費対策の切り札としても問い合わせがある。

「USIMOモーっとほっと」は、表地と裏地の間に透湿防風シートを使用で冷たい風をシャットアウトし、巻くだけで+3℃の暖かさを実現。電気を一切使わず、光熱費の削減につながる。また、透湿素材で蒸れにくく、仔牛のストレスも軽減。、マジックテープもなく、腹巻付きで体にフィットする。

子牛用防寒コート「USIMOモーっとほっと」大寒波で注目 オオツキ

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る