人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

「養豚DX」によるおいしい豚肉 一般消費者へECサイトで提供 Eco-Pork2023年4月13日

一覧へ

Eco-Porkは4月12日、養豚DXシステムで育てている農場の美味しい豚肉を一般消費者向けに提供する専用ECサイトを公開。養豚とおいしさを科学した「エコで持続可能な豚肉」を、全国の農場から直接届ける。2024年を目処に、参加する養豚農家を3~5件に拡大し、年商1億円以上、定期便ユーザー1000人超を目標としている。

「養豚DX」によるおいしい豚肉 一般消費者へECサイトで提供 Eco-Pork

豚肉生産の全プロセスを可視化・効率化し、持続可能な養豚業の実現を目指す同社は、ICT・IoT・AIを活用して生育環境や衛生状態などを管理し、健康的で環境負荷の少ない豚の生育を実現している。導入農家では平均7%/年の成績向上も達成。

同社の養豚DXシステムは3月現在、国内養豚業においてシェア約10%(出荷豚換算180万豚/年)と、多くの生産現場で活用されている。

新たなECサイトによる事業は、養豚農家に加え、消費者・精肉加工・流通・飲食関係者なども参画した取り組みを進め、養豚業の持続可能性の拡大と、培養肉や昆虫食だけではない、選択と余白のある世界の実現を目指す。

ECサイトでは、全国の様々な養豚生産者の豚肉を、精肉や加工品、ミールキットなどの形で提供。生産者のこだわりや取り組みを含めた認知拡大・そのブランド化するとともに、収益力と価格競争力の向上を図る。

その第1弾として、新潟県魚沼の雪深い山中で育てられる幻の豚肉、鬼や福ふく「鬼の宝ポーク」を販売。さらに、「鬼の宝ポーク」とドイツ人のクラフトマンシップの出会いから生まれた完全無添加・伝統製法のシャルキュトリを届ける。

また、同事業ではユーグレナとのパートナーシップのもと、石垣島で持続可能性に配慮して生産された、栄養価の高い微細藻類ユーグレナ等を配合した飼料ユーグレナを給餌。健康的で美味しい「ユーグレナエコポーク」を同社ECサイトでのみ販売する。

さらに、フレンチの星付きレストランを経験し、多分野で活躍する田村浩二シェフがEco-Porkの「フードディレクター」に就任。

ECサイトで販売される豚肉や加工品・ミールキットの開発に携わり、エコだけでなく、「豚肉の美味しさ」を価値として提供する。また、養豚場における給餌等の共同研究をはじめとした「豚肉そのもの」をより美味しく生産するためのメソッド・研究開発に共同で取り組む。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る