人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

アニマルウェルフェアにIоT活用 デザミスとKalm角山が業務提携2023年8月21日

一覧へ

牛の行動モニタリングシステムなど畜産向けのIоT事業を展開しているデザミスは、北海道江別市の酪農企業、Kalm角山(カーム角山)との間で畜産経営でのサステナビリティ推進に向けた業務提携契約を締結した。

カーム角山は地域の酪農家5軒が2014年に設立した農業法人で最先端技術で酪農の自動化を進めている。牛のタイミングに合わせた搾乳が可能なロボットを導入しているほか、農場HACCP認証やJGAP認証を取得するなど、牛だけでなく働く人を支援するための徹底的な自動化と標準化を行っている。

一方、デザミスは2016年設立、牛の行動モニタリングシステムU‐motionを中心に畜産向けIоT事業とコンサルティング事業を展開している。

今回の業務提携で畜産経営ではトレードオフの関係になりやすいとされる「収益性」と「アニマルウェルフェア」を両立しSDGsの実現も目指す畜産経営のモデルを構築するという。

モデル構築を契機にIоT活用の経験のない畜産農家へノウハウを横展開することで業界全体の経営をサポートしたい考え。また、認証制度を新設しアニマルウェルフェアに配慮した畜産物のブランド化と現場の標準化を進め、「誰でもわかりやすい」をテーマにしたIоT活用による最先端の畜産経営を推進する。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る