人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

シンポジウム「国産食肉が食卓に届くために~畜産の今 価格を考える~」開催2023年10月19日

一覧へ

(公財)日本食肉消費総合センターは11月18日、「国産食肉が食卓に届くために~畜産の今価格を考える~」と題したシンポジウムを東京国際フォーラムで開催。抽選で100人を無料招待し、オンラインでライブ配信も行う。

世界的な食糧需要の急増や気候変動、国際情勢により食糧の供給リスクが増大。また、飼料価格の高騰等により、日本の畜産経営は厳しい状況にある。

同シンポジウムは、「国産食肉が食卓に届くために~畜産の今 価格を考える~」をテーマに、資源・食糧問題研究所代表の柴田明夫氏による基調講演や、農ジャーナリストの小谷あゆみ氏を進行役にパネルディスカッションを実施する。

また、対面での来場者とオンラインでの視聴者のうち、アンケートに回答すると抽選で20人に、福島県産牛肉(1万円相当)をプレゼントする。

シンポジウム「国産食肉が食卓に届くために~畜産の今 価格を考える~」◎シンポジウム実施概要
日時:11月18日 13:30~16:00(開場13:00)
会場:東京国際フォーラムホールD5(東京都千代田区丸の内3-5-1Dブロック5F)

<プログラム>
第一部:13:35基調講演
株式会社資源・食糧問題研究所代表柴田明夫氏
「世界の食糧情勢と日本農業・畜産の方向性」

第二部:14:40パネルディスカッション
司会進行:小谷あゆみ氏(農ジャーナリスト)
パネリスト:猪口隼人氏(農林水産省畜産局食肉鶏卵課長)、北村裕司氏(株式会社JA食肉かごしま代表取締役社長)、高橋裕子氏(一般財団法人消費科学センター企画運営委員)、西村敏英氏(女子栄養大学栄養学部教授)、長谷川理恵氏(モデル)

<応募方法>
応募締め切り:対面10月31日24:00まで
オンライン11月16日24:00まで

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る