左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大賞は「愛菜ものがたり~いぶりだいこん~」JA全農あきた 「第2回JAグループ6次産業化商品コンテスト」2016年2月15日

一覧へ

 JAグループ6次産業化促進等対策協議会は2月12日、「第2回JAグループ6次産業化商品コンテスト」の受賞作品を発表した。3月9日と10日に東京ドームシティプリズムホールで開催される第10回JAグループ国産農畜産物商談会で大賞と優秀賞について表彰式と展示を行う。

【大賞】 ▽「愛菜ものがたり~いぶりだいこん~」(ご飯のおとも部門)JA全農あきた JAグループは農業者の所得向上や地域資源を使った地域活性化の実現のため、6次産業化促進支援に取り組んでいる。
 コンテストは、その取組みの一環として行われ、商品開発や販売の意欲醸成や、農産物の付加価値向上、JAグループ主導のバリューチェーンの強化を目的に、6次産業化中央サポートセンター((株)農林漁業成長産業化支援機構)協力のもと実施した。
 テーマは「食卓をより豊かに ~思わず手がでる名品をアナタに~」で、▽地元自慢のカレー部門▽ご飯のおとも部門▽子どもに食べさせたいおやつ部門▽農産物を飲みつくす部門▽隠し味はこれだ部門の5部門で商品を募集した。
 応募総数は65商品で、大賞はJA全農あきたの「愛菜ものがたり~いぶりだいこん~」に決まった。添加物はもちろん、砂糖も使わない昔ながらの作り方にこだわった一品で、県内産にこだわりを持つ。現在は学校給食にも使用されている。
【大賞】
▽「愛菜ものがたり~いぶりだいこん~」(ご飯のおとも部門)JA全農あきた
【優秀賞】
▽「素敵なカレー」(地元自慢のカレー部門)JA福井県経済連
▽「蔵王ラ・フランスバーチョコレート」(子どもに食べさせたいおやつ部門)(株)ジェイエイてんどうフーズ
▽「小国郷ジャージー飲むヨーグルト」(農産物を飲みつくす部門)JA阿蘇
▽「ホクレン北海道こめ油」(隠し味はこれだ部門)ホクレン
【準優秀賞】
▽「しいたけたっぷりカレー」(地元自慢のカレー部門)JAあさひな
▽「京都丹波ビーフカレー」(同)JA全農京都
▽「神のつぶ」(ご飯のおとも部門)JA鳥取中央
▽「青唐がらし味噌」(同)JAべっぷ日出
▽「ライスみるくジェラート」(子どもに食べさせたいおやつ部門)(株)食のみやこ鳥取
▽「ジャージーブルーベリーヨーグルト」(同)JA阿蘇
▽「山形尾花沢スイカサイダー」(農産物を飲みつくす部門)山形食品(株)
▽「島そだちみかん100%ストレートジュース」(同)JA山口大島
▽「ガーリックソースセット」(隠し味はこれだ部門)JA吉田郡
▽「しいたけディップソース(和風・洋風)」(同)JAおおふなと
(写真)大賞を受賞したJA全農あきたの「愛菜ものがたり~いぶりだいこん~」

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る