JAの活動 ニュース詳細

2016.06.14 
災害復旧に長期的支援を-JAグループ熊本一覧へ

 JAグループ熊本と熊本県農業者政治連盟は6月13日、森山農相に対して熊本地震被害への支援策への謝意と今後の復旧・復興に向けた長期的な支援策の要請を行った。

森山農相に要請書を渡すJA熊本中央会の梅田会長(右) JA熊本中央会の梅田会長は森山農相に3回の現地視察とJAグループの支援要求の実現に謝意を伝えるとともに、集出荷施設や加工施設、さらにJAの本支店も修繕などが必要になっている現状を話し「長く続く復旧にさまざまな対策をお願いしたい」と要請した。
 森山農相は「現場は想像を絶する苦労があると思う。やれることはすべてやるという気持ちで取り組み、適時適切に対応していきたい」などと述べた。
 具体的な要請のひとつは長期的支援。被災地域では資材や施工業者の需要の高まりで復旧作業が長期間を要することが想定されるため、複数年で復旧事業を運用するよう要望した。
 また、共同利用・営農関連施設の復旧について、▽農業者に新たな負担が生じないよう配慮、▽農業者に対する経営分析や営農指導などの中核的機能を果たしているJA等の事務所の被災に対する支援措置、▽多様なニーズに迅速に対応できる県域での米の物流倉庫の再編整備への支援も要請した。そのほか震災後に果実の傷みや樹勢低下等による収量・品質低下がみられるほ場があることから、原因究明への支援なども要請した。
(写真)森山農相に要請書を渡すJA熊本中央会の梅田会長(右)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ