想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全農東北 6県で協力し農産物販売2016年9月2日

一覧へ

 JA全農は、上野駅構内のエキュート上野で「全農東北アンテナショップ@上野」を9月2日から4日までの期間限定で開いている。東北6県の県本部内で農畜産物を扱う24の販売部署を結集した売り方を「全農東北」プロジェクトとして今後も取り組んでいく。

全農東北アンテナショップ@上野 「全農東北アンテナショップ@上野」では、青果物や加工品などを販売。フェア限定の「お米のプリン」や各6県の米の量り売りも行われ、客らの目を引いていた。
 「全農東北」プロジェクトは東北6県(青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)でまとまって農産物を売り出していくことがねらい。JA全農の担当者は「東北1県だけでショップを開くことは難しいが、6県ならできる」と話し、「すでに各JAで発売されている6次化産品なども取り上げ、全農の持っているチャネルやブランド力で、売り出していくことで、新規就農者や生産者の意欲を喚起し、所得増大につなげたい」と語った。
 同プロジェクトではすでに7月から9月までの間、千葉県のスーパー5店舗で月に1度、週末に特産品などを販売するブースを設けている。また、大阪府・梅田駅の阪急百貨店でもブースを設置しているという。
 アンテナショップ限定の「お米のプリン」は、東京都江戸川区の菓子店ラトリエ・ドゥ・シュクルの白井シェフがレシピから製作を担当(6種類のプリンにつかれた米の品種などの詳細はこちら)。
 プリンを食べた人は「お米がスイーツになるなんて驚いた。クリーミーなプリンの中にお米の食感が生きている」「枝豆(秋田県のプリン)の香りと味がきちんと感じられる」と話した。
 今後は新米の時期などに米や米粉を使ったスイーツなどを展開していきたいという。
 アンテナショップは(株)JR東日本リテールネットが8月29日から9月15日までの間、東京駅、品川駅、上野駅で開いている「プラス東北フェア2016」と連携して開かれたもの。
お米のプリン、米の量り売り(写真)全農東北アンテナショップ@上野、お米のプリン、米の量り売り

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る