JAの活動 ニュース詳細

2017.11.02 
茨城の農畜産物をアピール JAグループ茨城が商談会一覧へ

 JAバンク茨城県信連とJAグループ茨城は11月1日、東京都内で、平成29年度の農畜産物商談会を開いた。JAを始め、食品・加工品関連会社40団体・組織・企業が、それぞれ特徴のある野菜や肉、果実、米、サツマイモの加工品など、100品目余りの商品を出品し、小売店のバイヤーに茨城県の農畜産物をアピールした。

バイヤーの質問に応える出品者 開会のセレモニーで、佐野治・JA茨城県5連会長は「昨年は70品目余りの出品で78社171人の参加があった。予約相談も受けており、ことしは500社、700人の参加を見込む。今後の商品開発を含め、バイヤーのみなさんと対談を深め、新たなビジネスチャンスの場としてほしい」と、商談会の意義を強調した。
 JA別ではJA水戸が「コシヒカリ」100%の米の麺「穂々の空」、JA常陸、茨城県育成の「ベニバナインゲン(花豆)」、JAなめがたがサツマイモの焼き芋、JA土浦がレンコン加工品、JAつくば市矢田部がニンジンジュース、JAやさとがカットネギ、JA新ひたち野が純米大吟醸「空と大地のみのり」、JA北つくば、JA常総ひかりがハクサイやレタス、キャベツ、JA茨城むつみがローズポークの「のっけみそ」、JA岩井がネギのパウダーなどを出品し、盛んにバイヤーの質問を受けていた。

(写真)バイヤーの質問に応える出品者

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ