左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

選んでその場で焼き肉 「まんまキッチン」オープン 熊本・JA菊池2019年10月25日

一覧へ

 熊本県のJA菊池で、焼肉レストランと精肉・特産品売り場を一つにした「まんまキッチン」ができた。地域の人JA管内で作った農畜産物を食べてもらおうというもので、かねてからJA青壮年部から要望があった。10月21日オープンした。

まんまキッチンテープカット

「まんまキッチン」オープンセレモニーのテープカット

 場所は菊陽町にあるJA菊池農産物市場きくちのまんま菊陽店のとなり。焼肉レストランはセルフ方式で、隣のアグリショップからJA管内で生産された肉を選んで焼くシステム。精肉のほか、特産品やスイカ、メロンなどの季節の果物、まんまキッチンオリジナルのアイス・ソフトクリームや加工品などを販売する。農畜産物の発送も行う。
 21日のオープンセレモニーで、JA菊池の三角修組合長は、「オール菊池産の安全・安心の食材を味わってほしい。アンテナショップとして加工品開発にも取り組み、地域の人に愛されるお店にしたい」と期待を込めた。
 焼肉レストランの営業時間は午前11時から15時。アグリショップ営業時間は9時から18時。鉄骨平屋421平方m。焼肉のできる4人掛け網付テーブル9台のほか、室内に一人席7席。ベランダに大・小テーブル32席を備える。

まんまキッチン店内

精肉・特産品売場の店内

 なおオリジナル加工品は、大津からいものかりんとう、菊池水田ごぼうのかりんとう、フェスタメロン果肉入りのメロンゼリー、水田ごぼうのビールなどがある。まんまキッチンオープンを機に、手延水田ごぼうめんの販売も始めた。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る