JAの活動 ニュース詳細

2019.11.26 
協同組合連携で被災地を支援-日本生協連、JCAなど栃木で一覧へ

 台風15号、19号や豪雨により多くの地域で発生している被災を支援しようと日本生協連は11月24日、さまざまな分野の協同組合が参加する「ボランティアバス協同組合号」を栃木県の佐野市に出して被災者支援を行った。協同組合間連携の台風被災地支援としては初めてのことで11組織24人が参加した。

浸水被害にあった住宅で片付けを支援(写真:JCA提供) 日本生協連は台風被害を受けた長野県や宮城県でボランティアセンターの運営支援を行ってきたが、災害エリアが広いため支援要請のある地域に「ボランティアバス」で駆けつけることを企画し、さまざまな協同組合に参加を呼びかけた。

 参加したのは生協、JA、ワーカーズコープなど11組織24人。日本生協連が栃木県佐野市ボランティアセンターから支援要請を受けた住宅で地元のボランティアとともに泥だしや家具の運び出しを行った。
 現地には台風による浸水から40日経った今も被災家屋に手をつけられてないところも多い。参加者が支援した住宅は高齢女性の一人暮らし。今は県営住宅に仮住まいしているという。朝から4時間ほどかけて畳や家具などを運び出した。「被災された方の希望を聞きながら片付けることを心がけた」と参加者は話す。
 JAグループからはJA共済連、農協観光から参加した。

(写真)浸水被害にあった住宅で片付けを支援(写真:JCA提供)

(関連記事)
被災地支援などで情報交換 「協同組合フォーラム」が初会合(19.11.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ