左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

加工業務用ブロッコリーがセブンイレブンのサラダに JA全農2019年12月3日

一覧へ

 JA全農は、加工業務用途に適した大型ブロッコリーの生産振興を進めている。11月から大手コンビニのセブンイレブンで、このブロッコリーを使ったサラダが発売された。

nous1912030701.jpg


 コンビニの惣菜やサンドイッチに使われるブロッコリーは輸入比率が高い。このため、JA全農は輸入品から国産に置き換えることを目的に検討を行ってきた。

 2018年には、種苗メーカー各社の協力を得て、秋冬作の大型花蕾(からい)のブロッコリーの試験栽培を行った。通常スーパーで販売されているブロッコリーは直径11?12cm、重量250?300gだが、このブロッコリーは直径16?18cm、重量500?700gと大型。

 単位面積当たりの収穫量が多く、kg単価で直販契約を行うため、収穫重量が多ければ生産者は収益を確保できる。また、市場流通品のように規格がなく、選別の手間が省けることもメリットだ。
 試験栽培の結果、歩留まりもよく、食味も輸入品より優れているため、2019年には栽培面積を増やし、今回の商品化に至った。
 2022年4月に新たな加工食品の原料原産地表示制度が完全施行される。このため、国産農畜産物へのニーズがますます高まると期待されている。JA全農では、今後とも国産農畜産物の消費拡大に向けた取り組みを進めるとしている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る