Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

高齢者住宅でオンライン面会開始 JAあきた白神2020年9月3日

一覧へ

秋田県のJAあきた白神が運営する特定施設サービス付き高齢者向け住宅「白神憩の郷」で8月24日、LINEアプリを使ったオンライン面会サービスの運用が始まった。

家族とオンライン面会する入居者(秋田県能代市で)家族とオンライン面会する入居者(秋田県能代市で)

同施設では、新型コロナウイルスの感染を防止するため3月から施設内での面会について原則禁止の措置をとってきた。また、秋田県内でも新型コロナウイルスのクラスター感染が確認され、面会制限の緩和について見通しが立たない状況にあることから、入居者と家族が映像で顔の表情などを確認しながら会話を楽しんでもらえる取り組みを始めた。

オンライン面会サービスは事前登録制で、入居者側は施設のタブレット端末を使い、家族側は自身のスマートフォンなどで簡単に接続できる。実際に利用した入居者は施設のタブレット端末に家族の顔が映し出されると、うれしそうに笑みを浮かべて画面に向かって話しかけていた。

利用した入居者は新サービスについて、「昔はテレビ電話が流行っていたけど、今はこんなにも手軽にできて凄いなと思った。今回はいい機会を与えてくれてありがたい。また、利用してみたい。」と満足そうな様子だった。

同JA福祉介護課の金田大輔課長は「初めての取り組みで、試行錯誤の段階だが、入居者さんが笑顔でご家族と会話している表情を見て安堵した。入居者も家族も本当は直接会って話したいだろうが、コロナ禍においてはご理解をいただいている。画面上でも顔を見て会話することで少しでも入居者と家族が繋がり、安心して暮らしてもらえれば」と話した。

同施設ではサービスの開始について、20日に家族向けに周知したところ、すぐに数件の予約や、問い合わせが入ったという。今後はタブレット端末を2台用意し対応していく。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る