想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鹿児島の市来農芸高校が総合2連覇 第4回和牛甲子園 JA全農2021年1月18日

一覧へ

JA全農が主催する第4回和牛甲子園が1月15日、東京都内で開かれ、鹿児島県立市来農芸高校が総合評価部門で最優秀賞に輝き、連覇を達成した。

鹿児島県立市来農芸高校の畜産部員鹿児島県立市来農芸高校の畜産部員

和牛甲子園は和牛を肥育する全国の農業高校の「高校牛児」たちが、自分たちで育てた和牛の肉質と日頃の取り組み内容を競う大会で、第4回は過去最多となる19県33校が出場し、47頭の和牛が出品された。

枝肉評価部門最優秀賞の市来農芸高校の枝肉枝肉評価部門最優秀賞の市来農芸高校の枝肉

今年の和牛甲子園は、新型コロナウイルスの影響でオンラインで開催され、アグベンチャーラボ(東京都千代田区)と東京都中央卸売市場食肉市場(東京都港区)をつなぎ、高校牛児たちは各学校からリモートで参加した。

鹿児島県立市来農芸高校は「牛と共に夢叶える~安全な鹿児島黒牛の生産を目的とした健康な牛づくりの取り組み~」と題し、尿Phの上昇で尿石症を患っている牛に利尿剤を投与することで、数値のコントロールに成功した事例やトウモロコシときな粉を給餌し、肉の旨みにつながるオレイン酸を増やす取り組みを発表。この内容が評価され、飼養管理の工夫などを発表する取組評価部門、さらに肉質を競う枝肉評価部門の両部門で最優秀賞を受賞した。

総合最優秀賞となった同校畜産部員は「2連覇と完全制覇を目標としていたのでとてもうれしい」と連覇の喜びを表現。「取組評価部門で健康な牛づくりを目指し、その結果を枝肉評価部門で出すことができた。これからも部員全員でチャレンジを続けていきたい」と3連覇に向けた意気込みを語った。

主催者のJA全農齊藤良樹常務理事は「昨年は新型コロナウイルス感染拡大、家畜疾病や自然の驚異を改めて感じる年となったが、高校牛児の皆さんは休校などの試練を乗り越え、多くの人の助けや支えがあり今日を迎えることができたと思います」と話し、「牛飼いを通じてさまざまな経験を重ねてきた高校牛児の皆さんが、将来の職業に牛飼いを選択することは私たちにとって大きな喜びになる。これからも高校牛児を全力で応援してきたい」と高校生の未来にエールを送った。

【総合評価部門】

◎最優秀賞:鹿児島県立市来農芸高校

JA全農が主催する第4回和牛甲子園が1月15日、東京都内で開かれ、鹿児島県立市来農芸高校が総合評価部門で最優秀賞に輝き、連覇を達成した。

◎最優秀賞:鹿児島県立市来農芸高校

◎優秀賞:愛知県立渥美農業高校、山口県立大津緑洋高校

◎優良賞:佐賀県立唐津南高校、山形県立村山産業高校、岩手県立水沢農業高校

◎審査委員特別賞:鹿児島県立鹿屋農業高校

◎高校牛児特別賞:鹿児島県立市来農芸高校

【枝肉評価部門】

◎最優秀賞:鹿児島県立市来農芸高校

◎優秀賞:栃木県立鹿沼南高校、岐阜県立飛騨高山高校

◎優良賞:岩手県立水沢農業高校、島根県立出雲農林高校、鹿児島県立鹿屋農業高校

◎審査委員特別賞:岩手県立水沢農業高校

大会は各校オンラインで参加大会は各校オンラインで参加

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る