Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食農教育に役立つ補助教材を贈呈 JA全農あきた、JAバンク2021年4月14日

一覧へ

JA全農あきたとJAバンクあきたは4月8日、県内の小学5年生の食農教育に役立ててもらうため、それぞれが作製した補助教材の贈呈式を秋田県庁で行った。

左からJA全農あきたの小林和久県本部長、堀井啓一秋田県副知事、JAバンクあきたの宮城守秀副支店長左からJA全農あきたの小林和久県本部長、堀井啓一秋田県副知事、JAバンクあきたの宮城守秀副支店長

JA全農あきたは、2006年から小学生向けの食農教材を作製し、県内の小学校に毎年1万部を贈呈。2010年からは、お米や野菜、果物、畜産物などの県産農畜産物や、農業と食に関する情報を掲載したクリアファイルなどを贈呈してきた。

全農あきたでは今年度、米づくりの学習に役立だつ「秋田のお米づくりカレンダー」と、「秋田県の農業」に興味を持ってもらえるよう、お米の生産量や品種などを掲載した下敷きに加え、日本の食料自給率が食生活の変化などで、低水準となっていることや、食料の多くを輸入に頼ることの問題点に触れ、子どもたちが日頃の食生活で実践できる事例を紹介したパンフレットを作製した。

JAバンクあきたでは、小学校5年生の授業で活用することを目的とした食農・環境教育などが基本テーマの補助教材「農業とわたしたちのくらし」とDVD1万部を贈呈した。

両者の補助教材は、県内の小学5年生と特別支援学校の児童・生徒に届けられる。

補助教材と一緒に送付しているアンケートの反響について、JA全農あきたの担当者は、「先生から返信をもらうアンケートには、グラフも最新の情報が更新されており、色もカラーで見やすい」などの声が寄せらせているという。

贈呈式で目録を受け取った堀井啓一秋田県副知事は、「農業の役割や食料生産の大切さを児童に理解してもらうために、この教材を活用したい」と話した。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

DiSC:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る