Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

Green Earth Instituteに出資-農林中央金庫2021年6月15日

一覧へ

農林中央金庫はバイオマス原料を用いたグリーン化学品生産技術を提供するGreen Earth Institute(株)にF&A成長産業化出資枠を通じて出資したと6月11日に公表した。

F&A成長産業化出資枠とは、農林水産業の高付加価値化、生産性向上のため系統団体と、国内外との企業との協働、それを支えるリスクマネーの供給を目的に2016年に設定した。

Green Earth Institute(株)は食料や飼料と競合しない植物の茎や葉などのバイオマス原料や、農業残渣・食品残渣からエタノールや食品・飼料添加物のアミノ酸などを生産する技術を開発している。

農林中央金庫は同社の事業を通じてバイオマス由来製品の普及が進むことで、脱炭素化や廃棄物の削減、海洋汚染の防止につながるとして出資した。

また、出資を契機に農業生産や食品製造などの過程で生じる農業・食品残渣の利用や高付加価値化で農林水産業者や食品製造業者の廃棄物処理の課題にも貢献していく予定だ。この取り組みは投融資を通じて環境・社会課題の解決に貢献し、SDGs(持続可能な開発目標)の実現などサステイナブル経営の一環。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る