秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

JA女性組織とファミリーマートが共同開発 地域色豊かなおむすび新発売2023年1月25日

一覧へ

JA全農とファミリーマートは1月31日、群馬県・福井県・京都府のJA全国女性協議会に所属するJA女性組織とそれぞれ共同開発したおむすび3種類を発売。関東地方、関西地方の一部店舗および新潟県、三重県、福井県・富山県・石川県のファミリーマート店舗約5000店で発売する。

JA女性組織と共同開発したおむすび3種類JA女性組織と共同開発したおむすび3種類

JA女性組織は、JAをよりどころとして、食や農、くらしに関心のある女性が集まって食農教育や地産地消にかかわる活動や環境保全活動などに、それぞれの地域で取り組んでいる。

このほどJA全農とファミリーマートが企画立案したおむすびは、開発にあたり、JA女性組織に「地元の味・懐かしい味・引き継ぎたい食文化・新しさ」をコンセプトにアイデアを募集。群馬県・福井県・京都府のJA女性組織と取り組むことになった。アイデアを発案した各JA女性組織とファミリーマートで納得のいくまで試作・試食を繰り返し、各地域の地元の味や懐かしい味、引き継ぎたい食文化とコンビニエンスストアらしさをコンセプトに、それぞれ地域の特長を活かしたおむすびに仕上げた。

JA前橋市フレッシュミズが発案した「甘味噌焼きピラフおむすび」(138円)は、群馬県名物「焼きまんじゅう」をイメージしたおむすび。JA福井県女性部坂井支部が発案した「あぶらあげごはん」(128円)は、福井県の郷土料理「あぶらあげごはん」をおむすびで再現した。また、JA京都やましろフレッシュミズが発案した「京都府産九条ねぎの衣笠丼風おむすび」(158円)は、京都府産九条ねぎを使い、京都の丼メニューの定番「衣笠丼」をイメージしている。価格はいずれも税込。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る