人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

JAの活動:ほっとピックアップ【JAの広報誌から】

献穀田抜穂式 地元小学生が刈乙女に JAのと【ほっとピックアップ・JAの広報誌から】2023年10月25日

一覧へ

このコーナーでは、農協協会(農業協同組合新聞)に送っていただいている全国のJAの広報誌の中から、「”ほっと”する」「”ほっと”な」記事を拾って紹介します。

初々しい「刈乙女」たち。慣れない手つきながら丁寧に稲から穂を抜く。初々しい「刈乙女」たち。慣れない手つきながら丁寧に稲から穂を抜く。

9月13日、JAのと管内の穴水町で献穀田に選ばれた中田さんのほ場で「献穀田御抜穂式(けんこくでんおんぬきほしき)」がおこなれた。

11月23日に行われる宮中行事「新嘗祭」に使う新米を収穫する儀式のことで、地元の向洋小学校5,6年生の中から選ばれた「刈乙女(かりめ)」の5人が、古式ゆかしく、頭を垂れる稲穂を丁寧に抜き取った。

新嘗祭は天皇が新米を天地の神に供え、これを食する祭事。県内からは能登地区と加賀地区の2カ所から献穀田が選ばれ、ここで収穫した精米を五合ずつ献納する。

献納者の中田さんは「猛暑が続くが、献納する日まで収穫したお米を大切に保管したい」と話した。

(JAのと「まあんで能登」)

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る