人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

JAの活動:JA新組合長に聞く

【'24新組合長に聞く】JAびえい(北海道)江花秀一組合長 「美瑛選果」でブランド2024年6月14日

一覧へ

役員の改選期を迎え、全国のJAで新しい組合長が誕生している。折しも「基本法」(食料・農業・農村基本法が改正となり、これからの農業の方向が示されたが、具体的な施策はこれから。一方でJAグループは、今年10月のJA全国大会を控え、いま組織協議が進んでいる。この大きな転換期に、農業・JAについてどのようなビジョンをもってJAの運営に臨むか。新任のJA組合長に聞いた。今回はJAびえい(北海道)江花秀一代表理事組合長。

JAびえい(北海道)江花秀一代表理事組合長

【画像】JAびえい(北海道)江花秀一代表理事組合長

国際紛争や急激な円安による飼料・肥料などの生産資材価格の高止まりが農業経営に甚大な被害を与えており、農業・JAにとって大変厳しい環境にあると認識しています。

JAでは今年度から第11次地域農業振興計画を策定し、「魅力豊かな美瑛産農畜産物の生産」「販売力に直結する美瑛ブランドづくり」「人・組織・地域づくり」「財務基盤の強化と健全経営促進化」四つの基本テーマに掲げ、農業振興と農業所得の向上に努めているところです。

特にブランドづくりでは「美瑛選果」が重要な役割を果たしています、マーケットやレストラン、工房などを備えたPR会社で、美瑛産農畜産物の魅力を発信するアンテナショップとして、全国にファンを広げています。とにかく売れるものをつくること、それによって農業所得のアップをはかることです。

食料・農業・農村基本法で食料の安全保障が打ち出されたが、重要なのはそれを実行することだと思います。北海道農業は食料基地として、まだ余裕がありますが、昨今の人手不足は北海道農業にとっても大きな問題です。国は現場の声をよく聞いて対応していただきたい。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る