農政 ニュース詳細

2013.02.26 
農業技術功労表彰、受賞者決まる 農水省など一覧へ

 農水省、農林水産・食品産業技術振興協会は2月21日、平成24年度「農業技術功労者表彰」の受賞者を決めた。

 この賞は、農林技術、普及指導、農業経営などの研究者や改善指導に功績があった人を表彰するもの。24年度は26件の応募があった。
 今年度受賞したのは6人。富山県農林水産総合技術センター前次長の山本良孝氏は、「コシヒカリ」の品質、食味の向上と安定生産のための栽培技術を確立したほか、高温登熟性にすぐれた新品種「てんたかく」を育成するなど、水稲のすぐれた研究が評価された。
 表彰式は3月22日11時から東京・赤坂の三会堂ビル石垣記念ホールで行う。

 受賞者6人と研究課題は次の通り(▽「研究課題」氏名・所属、敬称略)。
「ブタの育種改良と環境に配慮した高品質畜産物生産技術の開発」家入誠二・熊本県農業研究センター草地畜産研究所所長
「キクの優良系統の選抜および無病苗生産・利用技術の確立」大石一史・愛知県農業総合試験場企画普及部部長
「温室メロンの隔離床栽培技術の開発と優良品種の育成に関する研究」大泉利勝・千葉県農林総合研究センター暖地園芸研究所所長
「あきたこまちのブランド化に貢献した生育栄養診断技術の開発」児玉徹・元秋田県農林水産技術センター農業試験場場長
「ダイズおよび飼料用トウモロコシの新品種育成と選抜技術の改良」重盛勲・長野県野菜花き試験場場長
「水稲の気象変動下における高品質・良食味栽培技術の確立と新品種の育成・普及」山本良孝・前富山県農林水産総合技術センター次長

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ