左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

捕獲鳥獣を美味しく食べよう ジビエ展など2013年10月1日

一覧へ

 JAビル(東京・大手町)4階の農業・農村ギャラリー「ミノーレ」の10月開催のイベント情報。

◆JAまるしぇ JAグループ宮城
 10月10、11日、11:00~14:00。
 新米「ひとめぼれ」をメインに、仙台黒毛和牛、宮城野豚「みのり」など販売。「粘り強く復興を頑張ろう!」というメッセージを込めて、商品を買った人全員に切り餅1袋(300g)、環境保全米の新米2合をプレゼントする。
 また、お弁当コーナー「旬」では、同期間中、宮城県産の米、食材を使った特別弁当を販売する。

◆農を伝える食育ソムリエ講座
「BBQに最適! 手作り“焼き肉のタレ”」
 10月17日、12:00~13:00。
 参加費1000円、お弁当付。定員30人程度、要予約。
 講師は福島県JAすかがわ岩瀬「はたけんぼ」の食育ソムリエ・高岡真希さん。季節の果物をつかった産地ならではの贅沢な焼き肉のタレの作り方を教える。

◆にっぽんを食べよう! おいしいまる得講座
「フレンチで“ジビエ料理”を味わおう!」
 10月18日、12:00~13:00。
 参加費1000円、お弁当付。定員40人程度、要予約。
 オーベルジュ・エスポワール・オーナーシェフの藤木徳彦さんが、長野県で捕獲された野生生物をつかったフレンチレシピを紹介。

◆農家に学ぼう! 採れたてレシピ
 「色と香りが楽しめる ハーブゼリー&バジルソルト作り」
 10月25日、12:00~13:30。
 参加費1000円、お弁当付。定員30人程度、要予約。
 講師は年間20種類のハーブを栽培する神奈川県ハーブ工房ミント運営の小泉ふさ代さん。パスタ料理にぴったりなバジルソルトの作り方などを紹介する。

◆野菜を食べて農家・農業を応援しよう! & 毎月29日は“肉の日”国産のお肉を食べよう!
 10月29日、11:30~13:00。東北・関東の野菜を中心に、各地の畜産農家がつくった肉やタマゴを販売。また、「10月29日は国産とり肉の日」として、神奈川県の銘柄豚「やまゆりポーク」を販売する。

【展示】

◆捕獲鳥獣を山の恵みに~ジビエ展~
 10月1日~31日。
 全国で鳥獣による農作物被害が増えている。フランスでは捕獲した鳥獣を「ジビエ」として珍重しているが、日本各地の、捕獲した鹿、イノシシなどを無駄なく美味しく食べる取り組みを紹介する。


農業・農村ギャラリー 「Minole(ミノーレ)」
入場無料。営業時間9時~18時(土日祝祭日閉館)
東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル4階
TEL:03-3212-2355
FAX:03-3214-0251

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る