農政 ニュース詳細

2015.02.20 
地方創生でJAの役割探る 3月5日JA人づくり研一覧へ

 全国のJA役員の相互学習・研鑽の場である「JA人づくり研究会」(代表=今村奈良臣・東京大学名誉教授)は3月5日、地方創生と農業協同組合の役割について研究会を行う。

 小田切徳美・明治大学教授や、仲野隆三・千葉県JA安房理事などの問題提起をもとに意見交換し、JAのなすべきことを探る。
 研究会のテーマは「真の地方創生をめざし、そして真の農業協同組合の再創生を考える」。小田切教授は『農山村は消滅しない』(岩波新書)を著し、「2040年に市町村の3分の1が消滅する」という日本創成会議の報告書に対し、徹底した現場主義で、過疎化、高齢化に向かい合ってきた立場から批判し、より現実に即した解決策の提示を試みている。
 研究会では、同教授が「農山村は消滅しない―地方消滅論の徹底的批判を通して―」、また現場で指導に当たる仲野理事が「改めてJAの存在意義と家族農業の価値を考える」、JC総研の和泉真理客員研究員が「農業の人材確保のためにJAはなにをなすべきか〜若き新規就農者はJAに何を期待しているか」のテーマで、それぞれ問題提起する。
 東京都千代田区大手町のJAビルで、午前10時半から。
 問い合わせは同研究会事務局のJA全中教育企画課(TEL:03-6665-6260)。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ