農政 ニュース詳細

2015.07.28 
六次産業化モデル事業めざし、地元農家と法人設立 サタケ一覧へ

 サタケ(本社:広島県東広島市)は地元の稲作農家33戸と共同で農業生産法人「株式会社賀茂プロジェクト」を設立した。

 サタケは六次産業化を柱とする地域参画型循環事業モデルの構築に取り組み、2011年にGABA(ギャバ)ライスを使ったおむすび店舗「おむすびのGABA西条店」を開店。地元のコメを付加価値の高い食品に加工して販売するモデル事業を行っている。
 今回、東広島市豊栄町清武地区の高齢化と各農家の将来的な人手不足や離農といった問題をうけて、同地域にサタケグループの会社がある縁もあり、サタケの持つ穀物加工や商品開発、マネジメントなどのノウハウを活用し問題解決を図るため、共同で農業生産法人を設立することにした。
 今回の法人設立により、同地域では人手不足の解消、集落の維持・発展が図られることが期待されている。また、六次産業化のモデルケースとして、水稲を主体に生産からGABA米などへの加工・販売までを一貫して取り組む。将来的には林業や畜産業、商工業とも連携した地域参画型循環事業の構築を目指す。
 設立にあたり、法人代表松本和久氏(サタケ)は「ギャバライス加工など付加価値の高い食品を生産し、販売することで、持続可能な農業を実現する。魅力ある地域づくりに貢献したい」と話している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ