想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「優秀農林水産業者に係るシンポジウム」 埼玉県と栃木県で 農水省2016年1月29日

一覧へ

 農林水産省は、(公財)日本農林漁業振興会と共催で2月5日に埼玉県さいたま市で、18日に栃木県宇都宮市で「優秀農林水産業者に係るシンポジウム」を開く。

 同シンポジウムは平成27年度(第54回)農林水産祭行事の一環として開かれるもので、平成23年から行われている。
 農林水産祭とは、農林水産業者の技術改善と経営発展の意欲の高揚を図るため、天皇杯の授与など優秀農林水産業者の表彰と、その業績普及を目的としている。
【開催概要】
<第10回さいたま市会場>
◎日時:2月5日13時~16時
◎場所:浦和ワシントンホテル「プリムローズ ABC」(埼玉県さいたま市)
◎参加人数:100人
◎内容
「意見発表」 伊東 藏衛 氏(平成27年度むらづくり部門天皇杯受賞者)、 小林 猛也 氏(意見発表補助者 埼玉県川越農林振興センター)
「意見交換」
◎申込締切:2月4日17時00分(必着)
<第11回宇都宮市会場>
◎日時:2月18日13時~16時30分
◎場所:栃木県総合文化センター「第2会議室」(栃木県宇都宮市)
◎参加人数:70人
◎内容
「意見発表」 星 正美 氏((有)星種豚場代表 平成27年度畜産部門天皇杯受賞者)、 池田 天幸 氏(意見発表補助者:栃木県塩谷南那須農業振興事務所 経営普及部長兼農畜産課長)
「関東農政局管内の農業状況」 和田 剛 氏(関東農政局生産部畜産課長)
「最新の技術情報」 古川 力 氏(農林水産祭中央審査委員会畜産分科会専門委員 東京農業大学 教授)
「意見交換」
◎申込締切:2月17日17時00分(必着)

<申込方法>
 両会場とも農林水産省のホームページにある添付資料の必要事項を記入したうえ、電子メール、またはFAXで申し込む(定員に達し次第、募集終了)。
<申込先>
公益財団法人 日本農林漁業振興会 事業部 宛て メール:gyoumu@affskk.jp FAX:03-6441-0792

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る