想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

海外の専門家招きTPPフォーラム開催 生協総研2016年2月12日

一覧へ

 生協総合研究所は、米国から格差問題と政治情勢に詳しい専門家2氏を招聘し、それぞれの立場からTPPの与える影響と抱える問題点について講演およびパネルディスカッションを実施する。

 このTPPフォーラム「日本の農業と食の安全、協同組合の行方-海外の専門家が指摘する影響と問題点とは-」では、TPP交渉の過程を6年間にわたってウォッチし、その影響について警鐘を鳴らし続けてきたサーニャ・リードスミス氏が、TPPが各国に与える影響、特に日本の農業、食の安全そして協同組合事業への影響につき、どのようなことが予測されるのかを基調講演する。
 リードスミス氏は、開発問題や南北問題を主に取り扱う国際連帯組織「サード・トレード・ネットワーク」のリーガル・アドバイザー兼シニア・リサーチャーとして、発展途上国における貧困層のために、医療アクセス、女性の人権、環境保全に関し、世界中で支援活動を行っている。
 また、米国政治の視点からみたTPP米国在住の国際コンサルタントであり、米国政治の事情に詳しいトーマス・カトウ氏を招きパネルディスカッションを行う。
 カトウ氏は、米国弁護士・コンサルタントとして、米国情報分析を提供するとともに、米国宇宙財団、上院議員等の対日渉外事項のほか、民間分野でのコンサルティング業務に携わっている。

【フォーラムの概要】
○日時:2月22日(月)14:30―17:30
○会場:衆議院第一議員会館大会議室
○参加費:無料
○主なプログラム
 14:30開会あいさつ:小方泰生協総研専務理事
 14:35基調講演:「TPPが各国に与える影響」リードスミス氏(逐次通訳)
 16:00パネルディスカッション:「米国政治の視点からみたTPP」トーマス・カトウ氏
 17:00質疑応答
 17:25閉会あいさつ:冨士重夫JC総研理事長
○主 催:公益財団法人生協総合研究所
○後 援:一般社団法人JC総研 / 日本生活協同組合連合会 パルシステム生協連 / 生活クラブ事業連合生協連

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る