農政 ニュース詳細

2016.02.12 
海外の専門家招きTPPフォーラム開催 生協総研一覧へ

 生協総合研究所は、米国から格差問題と政治情勢に詳しい専門家2氏を招聘し、それぞれの立場からTPPの与える影響と抱える問題点について講演およびパネルディスカッションを実施する。

 このTPPフォーラム「日本の農業と食の安全、協同組合の行方-海外の専門家が指摘する影響と問題点とは-」では、TPP交渉の過程を6年間にわたってウォッチし、その影響について警鐘を鳴らし続けてきたサーニャ・リードスミス氏が、TPPが各国に与える影響、特に日本の農業、食の安全そして協同組合事業への影響につき、どのようなことが予測されるのかを基調講演する。
 リードスミス氏は、開発問題や南北問題を主に取り扱う国際連帯組織「サード・トレード・ネットワーク」のリーガル・アドバイザー兼シニア・リサーチャーとして、発展途上国における貧困層のために、医療アクセス、女性の人権、環境保全に関し、世界中で支援活動を行っている。
 また、米国政治の視点からみたTPP米国在住の国際コンサルタントであり、米国政治の事情に詳しいトーマス・カトウ氏を招きパネルディスカッションを行う。
 カトウ氏は、米国弁護士・コンサルタントとして、米国情報分析を提供するとともに、米国宇宙財団、上院議員等の対日渉外事項のほか、民間分野でのコンサルティング業務に携わっている。

【フォーラムの概要】
○日時:2月22日(月)14:30―17:30
○会場:衆議院第一議員会館大会議室
○参加費:無料
○主なプログラム
 14:30開会あいさつ:小方泰生協総研専務理事
 14:35基調講演:「TPPが各国に与える影響」リードスミス氏(逐次通訳)
 16:00パネルディスカッション:「米国政治の視点からみたTPP」トーマス・カトウ氏
 17:00質疑応答
 17:25閉会あいさつ:冨士重夫JC総研理事長
○主 催:公益財団法人生協総合研究所
○後 援:一般社団法人JC総研 / 日本生活協同組合連合会 パルシステム生協連 / 生活クラブ事業連合生協連

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ