Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

千葉・埼玉・東京の145自治体と「高齢者見守り協定」 コープみらい2016年8月17日

一覧へ

 首都圏の千葉県・埼玉県・東京都を事業エリアとする生協のコープみらいは、8月23日に埼玉県比企郡ときがわ町と24日に東京都多摩市と「高齢者等見守り」に関する協定を締結する。これで締結数は145自治体となる。

 コープみらいは、これまでも事業エリア内の自治体が行う地域の見守りネットワークに参加・登録をしてきたが、今回のときがわ町および多摩市との協定締結によって、千葉・埼玉・東京170自治体のうち145自治体と協定を締結することになる。
 具体的には、千葉県54自治体のうち54自治体(締結率100%)と、埼玉県63自治体のうち49自治体(同77%)と、東京都53自治体(島嶼部を除く)のうち42自治体(同79%)、合計170自治体のうち144自治体(同85%)となっている。
 この協定は、生協の宅配サービス等の業務中に、生協職員が高齢者等の異変に気付いた場合、当該自治体に連絡することで高齢者等に必要な支援を行うというもので、地域に発生するさまざまな問題の早期発見につなげ、高齢者の安全・安心な生活を支援しようというものだ。
 コープみらいによれば今年の4月から6月の事故事件速報での「救護」関係の報告件数は24件で、昨年同期より6件増えている。発見場面では、デイリーコープの配達先10件、宅配の配達先4件、配達途上1件、店舗7件となっている。
 なお、年間の発生件数は、2013年度33件、14年度96件、15年度89件となっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る