Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全米米協会 二国間交渉を支持2017年2月2日

一覧へ

 全米米協会のウエブサイトにTPPの墓碑の写真が掲載され記事では「より多くのアメリカ米が日本に輸出できるように改善する貿易協定を支持する」などという協会幹部の意見が表明されている。

全米米協会のウエブサイトから。写真のキャプションには「Rest In Peace」とある。 記事は1月24日掲載でTPPの墓碑銘と思われる写真には2005年10月5日から2017年1月23日とある。今年1月23日はトランプ大統領がTPPからの離脱を米通商代表部(USTR)に指示した大統領令に署名した日。2005年10月5日はTPP交渉が大筋合意した2015年の間違いと思われることから、これは合成写真ではないかとの指摘も出ているが、2005年はシンガポール、チリ、ブルネイ、ニュージーランドの4か国でTPPのもとになった協定(P4協定)が署名された年ではある。ウェブサイトでは写真の絵解きに「安らかにお休みを」と記されている。 記事のなかで全米米協会の国際貿易政策委員会のマイケル・ルーエ副委員長のコメントが掲載されている。
 それによるとアメリカのTPPからの撤退は日本への米の輸出に影響を及ぼさない、日本は一貫して米輸出先の上位5位にあるなどとして、「アメリカの米は日本において構造的な障害に直面している。われわれはより多くのアメリカ米を日本に出荷するようアクセスを改善する、アメリカと日本の貿易協定を支持する」と二国間交渉への期待を強調している。
(写真)全米米協会のウエブサイトから。写真のキャプションには「Rest In Peace」とある。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る