農政 ニュース詳細

2018.02.27 
五方良しの社会実現めざし農水省と厚労省が農福連携でフォーラム一覧へ

 農林水産省と厚生労働省は昨年度に引き続き、「農福連携推進フォーラム」を3月23日、農水省内で開催する。

「農福連携」は農業と福祉双方の課題を解決し、利益をもたらす取り組みとして現在大きく注目されており、福祉分野はもちろん、農業や農村の現場でもその取り組みが拡大している。農水省では厚労省との連携により各地方ブロックで農福連携シンポジウムを開催するなど、普及啓発に取り組んでいる。
 フォーラムでは、基調講演とともに、農福連携を実践する各団体からの事例報告、パネルディスカッションや行政による今年度の新たな取り組みなどを紹介する。両省では農福連携に関心のある人や実際に取り組んでみたい人など、広く参加を募っている。
 フォーラムの概要は次の通り。

 
○日時:3月23日、午後1時30分から
○会場:農水省本館講堂
○プログラム:
▽基調講演「五方良しの社会の実現に向けて~各当事者の使命と役割~」
(坂本光司法政大学大学院政策創造研究科教授)
▽事例報告およびパネルディスカッション
・山森壮太(株)元気もりもり山森農園代表取締役
・田村裕之(株)ひなり代表取締役社長
・林博文特定非営利活動法人ピアファーム理事長
(コーディネーターは、吉田行郷・農林水産政策研究所企画広報室長)
▽行政報告(農水省と厚労省)
○傍聴可能人数:250名程度
○申込方法:インターネットまたはFAXで
・インターネット:農福連携推進フォーラム 参加申し込みフォーム  一般財団法人 地方自治体公民連携研究財団
・FAX:03-5573-4490。地方自治体公民連携研究財団まで
○申込締切:3月16日、午5時必着
○問い合わせ先:同省都市農村交流課
○TEL:03-3502-5948

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ