農政 ニュース詳細

2018.09.14 
ため池決壊危険度を予測するシステムを開発 農研機構一覧へ

 農研機構と共同研究グループは、ため池決壊による人的被害の防止と、迅速な災害支援のために、地震・豪雨によるため池の決壊危険度を予測し、インターネットで配信する「ため池防災支援システム」を開発し、来年度から運用開始。

ため池決壊支援システム参考図C

 東日本大震災、九州北部豪雨や平成30年7月豪雨などの災害でため池が決壊し、下流域で人が亡くなる二次災害が発生しており、このような被害を防ぐため、農研機構と共同研究グループはため池の決壊をリアルタイムに予測し、予測情報を迅速に伝達・共有する「ため池防災支援システム」を開発した。
 本システムは、地震時に情報を受信してから30分以内に、豪雨時は現在時刻から6時間後までのため池の決壊危険度を予測し、インターネットで予測結果が地図に表示されるもの。

 

(関連記事)
【JA全中・中家徹会長に聞く】食料安全保障の確立を国政の基軸に(18.09.05)
農林水産被害額1400億円超す-7月豪雨(18.07.25)
ため池決壊7か所 1名死亡-西日本の豪雨(18.07.09)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ