農政 ニュース詳細

2019.01.30 
農薬に依存しないイチゴ、トマトの防除 農研機構が研究結果発表一覧へ

 農研機構は、2月27日に化学合成農薬に依存しないイチゴ・トマトの病害虫防除システムなど新たな研究成果の発表会を開催する。

 同機構は、「日本型高度施設園芸の実現」を目標に様々な成果をあげてきた。例えば天敵昆虫の効率的な利用や、光・音波などの物理的刺激を利用した病害虫の抑制技術を組み合わせ、化学合成農薬に依存しないイチゴとトマトの病害虫防除システムを考案。またナスやジャガイモ、レタス等で使える新たな資材の開発も進めている。
 こうした成果を広く知らせるため、2月27日東京都千代田区の秋葉原UDX4階で、農業関係団体・企業、生産者などを対象に講演と展示を行う。
 参加は無料だが、事前の申し込みが必要。2月20日までに応募フォーム(SIP 「持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発」 研究成果発表会 参加申込)から申し込むか、メールを事務局に送る。詳細は同機構ホームページで。

 

新たな植物保護技術コンソーシアム研究成果発表会 2019年2月27日(水)◎プログラム
▽第1部 講演発表(13時15分~、会場・UDX THEATER)
1.施設栽培トマトとイチゴの新たな病害虫防除戦略
・化学農薬を削減したトマト病害虫の新防除体系
・新規資材「糖含有珪藻土」を用いた土壌還元消毒によるトマト土壌病害防除技術
・紫外光照射技術を基幹としたイチゴの病害虫防除
2.SIP が生み出す新たな病害虫防除資材
・赤色 LED によるアザミウマ防除
・振動害虫防除装置の開発
・音響によるトマト用コナジラミ類防除装置
・新たなナス用台木品種候補-線虫・複合病害抵抗性・多収-
・レタスの安定生産に貢献するpH 降下型肥料
・塊茎・土壌微生物相改善による健全ジャガイモの増収-新規栽培体系の開発-
・植物保護に有用な糸状菌・酵母の選抜
・植物の活力を高めて病気に強い体を作ります!
・トマト青枯病にアミノ酸が効くことを発見
・新たな害虫防除「殺虫から制虫へ」-アザミウマ類忌避剤の開発-
▽第2部 成果展示(12時半~、会場・UDX NEXT-2)
講演発表で紹介した成果のポスター発表と製品展示
・体系化グループの成果
・SIPが生み出す新たな病害虫防除資材

 

(関連記事)
全国からブランドいちご集結  主産地9県が合同物販フェア開催(19.01.17)
貴重なミニトマト「ルージュの宝石箱」販売 ミノーレ(19.01.09)
高めの血圧を下げるトマト「GABAセレクト」新発売 カゴメ(18.11.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ