農政 ニュース詳細

2019.10.04 
アフリカ豚コレラ 韓国で13例目発生一覧へ

 韓国で9月17日に発生が確認されたアフリカ豚コレラは、その後も発生し10月3日に13例目が確認された。

 発生農場は北朝鮮と国境を接する京畿道(8農場)と仁川広域市(5農場)。これまでに約2万4000頭が殺処分されている。FAO(世界食料農業機関)の統計によると韓国の豚、イノシシの飼養頭数は約1127万頭となっている。

 韓国の農林畜産食品部は、1例目が確認された後、アフリカ豚コレラの危機警報段階を最高水準の「深刻」に格上げし、発生日から48時間、全国豚農場とと畜場、飼料工場、出入りする車両などに移動中止命令を発出した。
 また、京畿道からの豚の搬出を1週間禁止する緊急措置も実施するとともに、全国6300戸の養豚農家への調査と残飯搬入の全面禁止も行った。また、国境地域の14の市・郡の野生イノシシの個体数調整も実施することなどを発表した。
 しかし、翌18日に京畿道の農場で2例目が確認された。そのため発生地域のほか周辺も含めた6つの市・郡を重点管理地域に指定した。また、豚の搬出禁止措置を1週間から3週間に延長するとともに、指定されたと畜場のみへの出荷とすることなどを決めた。
 その後、23日に5例目が仁川市で確認されたことから重点管理地域を京畿道、仁川市、江原道地域全体に拡大した。また、防疫措置強化のため。24日から28日の間、全国一時移動中止命令を出して農場や関連施設などで防疫措置の徹底を図ったほか、27日には仁川市江華郡の管内の豚農場への予防的殺処分を行うことも発表している。
 アフリカ豚コレラ発生前の韓国の豚肉需給は飼養頭数が平年比で13%多く、肉加工業者などが在庫を確保しており、価格は低い水準に維持されているという。ただ、全国移動中止命令が最初に出された9月17日には豚肉卸売価格が前日にくらべて32.4%上昇したが、仲買人が不足を懸念して量確保に走った一時的なものとしている。
 韓国政府は、農協や生産者団体などと緊密に協調して需給不安が発生しないよう対応していくとしている。

アフリカ豚コレラ 韓国13例目

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ