左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「RSウイルス」診断キット新発売 デンカ生研2019年10月17日

一覧へ

 デンカ生研(東京都中央区)は、体外診断用医薬品「クイックナビTM」シリーズの新製品として、RSウイルス診断キット「クイックナビTM-RS V2」を11月12日に発売する。

 RSウイルスは、乳幼児の呼吸器感染症の中で頻度の高い原因ウイルス。「クイックナビTM-RSV2」は、イムノクロマト法を用いて鼻腔拭い液または鼻腔吸引液中のRSウイルス抗原を検出する測定キットだ。

 従来品の「クイックナビTM-RSV」 に比べ判定時間を8分から5分に短縮し、判定ラインをコントロールラインは青色、テストラインは赤色の2色に変更した。また、検体中のウイルス抗原を抽出するための検体浮遊液と試料ろ過フィルターが、シリーズ製品の「クイックナ ビTM―Flu2」、「クイックナビTM‐アデノ」と共通となっており、検体浮遊液として共用できる。
 販売提携先の大塚製薬とデンカ生研の2社で販売。デンカ生研は「クイックナビTM」シリーズとして、すでにインフルエンザウイルス、ノロウイルス、アデノウイルス、 RSウイルス、A群β溶血性連鎖球菌、インフルエンザ/RSウイルス、マイコプラズマ の検査試薬を販売している。

RSウイルス診断キットの「クイックナビTM-RS V2」

RSウイルス診断キットの「クイックナビTM-RS V2」

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る