左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「物部ゆず」と「福山のくわい」がGI登録 農水省2020年7月1日

一覧へ

農林水産省は6月29日、「物部ゆず」と「福山のくわい」をGI(地理的表示)登録した発表した。これで97品目がGI登録された。

地理的表示保護制度は、地域で長年育まれた特別な生産方法によって高い品質や評価を得ている農林水産物・食品の名称を品質の基準とともに国に登録して知的財産として保護するもの。

「物部ゆず」はJA高知県が登録生産者団体。きずが少なく外見が美しい青果用に特化したゆず。青果用ゆずは栽培管理に手間がかかるため全国平均の青果率は18%だが、物部ゆずは69%(平成29年)と際立って高い。取引市場から長期間安定供給、選果選別の徹底、棚持ちの良さなどが高く評価され、「物部ゆず」指定での注文も多いという。

生産地の高知県香美市は年間平均気温約15℃で降水量が多いものの、水はけが良い園地が多く、青果ゆずの日本一の産地となっている。

「福山のくわい」はJA福山市が生産者団体。明治35年ごろ、福山城周辺の肥沃な掘で栽培が始まった。瀬戸内の温暖な気候と日照量の多さ、多量な水を江戸時代に造設された用水路が供給しており、くわい栽培に適している。

美しい外観とほっこりした食感が優れておりお節料理の縁起の良い食材として需要が高い。長年にわたる安定した供給、厳しい選果体制など市場関係者から高い評価を得ている。

「物部ゆず」と「福山のくわい」がGI登録

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る