Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

花の観賞によるストレス緩和効果を実証 農研機構2020年7月3日

一覧へ

農研機構は、花の観賞が脳の活動に影響を与え心理的・生理的に生じたストレス反応を緩和させることを明らかにした。ストレスを与えた実験参加者に花の画像を見せると、ネガティブな情動が減少し、ストレスにより上昇した血圧やストレスホルモンの値が低下した。これにより「花の癒し効果」が心理的・生理的・脳科学的に実証された。

実験の様子実験の様子

農研機構は筑波大学などと共同で、花の観賞による癒し効果を心理的・生理的・脳科学的データによって示した。

実験参加者に不快な画像を見せて心的ストレスを負荷。その後花の画像を見せたところ、不快な画像によって生じたネガティブな情動(恐怖や嫌悪感)が減少してポジティブに転じた。

さらに、上昇していた血圧は3.4%低下。低下幅は花以外の画像を見せた時に比べ大きかった。また、ストレスによって上昇するホルモンの値は花の画像によって21%低下することが確認された。

実験参加者の脳活動を解析した結果から、花の画像を見ることによって情動の生起に関わる脳領域(扁桃体)の活動が抑制されることが明らかになった。実験参加者は、花という刺激にひきつけられることで、ストレス源であった不快画像から注意が逸れたと推察される。

その結果、ネガティブな情動を生起させていた扁桃体領域の活動が減少し、身体に生じていたストレス反応(血圧やホルモンの上昇)も緩和したと考えられる。今後、生花の観賞による健康への寄与度について、効果を明らかにしていく考えだ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る