Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

日本のGI産品 東根さくらんぼと市田柿がタイとベトナムで登録 農水省2021年7月1日

一覧へ

農林水産省は6月30日、タイとベトナムで日本の地理的表示(GI)産品の登録が行われたことを発表。山形県の東根さくらんぼがタイで、長野県の市田柿がベトナムで新たに登録された。

地理的表示(GI)保護制度は、地域で長年育まれた特別な生産方法によって、高い品質や評価を獲得している農林水産物・食品の名称を品質の基準とともに国に登録し、知的財産として保護する制度。世界100か国を超える国や地域でGI保護制度が運用されている。

農水省は、2017年からタイ王国商務省(知的財産局)とベトナム社会主義共和国科学・技術省(知的財産庁)との間で、協力覚書(MOC)などに基づきGIの相互保護に向けた協力を進め、その一環として各国のGI保護制度に自国の産品を申請して登録を行う協力事業に取り組んでいる。

タイとのGI相互保護申請協力事業では、4月27日に東根さくらんぼ(山形県)が1例目として登録された。なお、タイのGI制度では登録の効力が申請日に遡及するため、保護開始日は2019年1月21日となる。

また、ベトナムとの同協力事業では、鹿児島黒牛(鹿児島県)に続く2例目となる、市田柿(長野県)が6月14日に登録された。日本においてはベトナムの産品「ルックガン ライチ」(バックジャン省ルックガン県)が3月12日に登録されている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る