Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【統計】大豆の生産費 10aあたり0.9%増-2020(令和2年)産2021年9月14日

一覧へ

農林水産省は8月27日に大豆の生産費を公表した。

個別経営では10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(全算入生産費)は6万7195円で前年産に比べて0.9%増加した。労働費が▲3.6%、農機具費が▲0.7%と下がったが、農業薬剤費が10.8%上昇した。

10a当たり収量は206kgで前年産より5.6%増えた。10a当たりの労働時間は▲6.8%で6.4時間。1経営体当たりの作付面積は4.2haだった。60kg当たりの全算入生産費1万9510円で前年産にくらべて4.5%減少した。

組織法人経営では10a当たりの全算入生産費は5万6105円で前年産に比べて0.9%増加した。労働費が6.9%増加したほか、賃借料・料金が6.6%増加した。

10a当たりの収量は前年産より▲1.4%の143kgだった。10a当たりの労働時間は2.7%増の6.7時間だった。1経営体当たりの作付け面積は12.4haとなっている。

60kg当たりの全算入生産費は1.9%増の2万3445円となった。

◎そば生産費10a当たり3.6%増

また、8月13日に公表したそばの生産費は10a当たり3万8384円(全算入生産費)で前年産にくらべて3.6%増加した。労働費、種苗費が下がったものの、農機具費が上昇した。10aあたりの収量は3.0%増えて69kg。45kg当たりの生産費は▲0.3%の2万4837円となった。

10a当たりの労働時間は▲3.2%の3.06時間だった。1経営体当たりの作付面積は2.6haで6.7%増となった。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る