左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
2・PC:朝日アグリア・エコレット
2・SP:朝日アグリア・エコレット

鳥インフル 佐賀で1例目 茨城で2例目2023年11月27日

一覧へ

高病原性鳥インフルエンザの今シーズン国内1例目が11月25日に佐賀県で確認されたのに続き、27日は茨城県で2例目が確認された。

佐賀県は11月24日に同県鹿島市の採卵鶏農場(約4万羽飼養)から死亡羽数が増加しているとの通報を受けて簡易検査したところ陽性と判明、25日の遺伝子検査で疑似患畜と確認された。

県は農場から半径3km以内の移動制限区域と半径3kmから10km以内の搬出制限区域の設置と殺処分を実施し、26日に殺処分を完了した。

一方、27日には国内2例目となる疑似患畜が茨城県笠間市の採卵鶏農場(約7万2000羽を飼養)で確認された。

移動制限区域(半径3km以内)には6農場あり計約64万羽が飼養されている。また、搬出制限区域(半径3km~10km以内)には16農場あり、計63万羽が飼養されている。

昨シーズンの茨城県内の発生事例は6農場。約429万羽が殺処分された。

25日に開催された農林水産省の鳥インフルエンザ防疫対策本部で宮下一郎農相は「渡り鳥の飛来とともに、すでに野鳥でも全国各地で感染事例が報告されている。昨シーズンは全国で84事例発生し約1771万羽に及ぶ殺処分となった」などと強調し、発生予防とまん延防止に万全の対策を呼びかけた。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る