Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

近藤和也 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月14日

一覧へ

近藤和也 衆議院議員近藤和也 衆議院議員

○近藤和也
○立憲民主党
○衆議院議員
○選挙区:比例区 北陸信越
○出身地:石川県

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
感染防止、経済支援ともに不十分な対策(特に、検査体制の遅れ、中途半端な水際対策、全く不十分な医療現場への支援)に終始し、その結果、感染抑制と感染拡大の波が繰り返され、社会経済活動の制約が長期にわたり、経済的損失は拡大し、医療従事者も事業者も疲弊し、国民の生活はより苦しくなっている。

【2】今後のコロナ対策についての提案
大胆な財政支出により自粛を徹底し、検査の拡大と徹底、入国管理の抜本的強化により感染を封じ込める。
官邸に設ける強力な司令塔の下、民間も含めた幅広い能力を結集させ、「必要な時に誰でもすぐに受けられるPCR検査」、「感染者に直ちに幅広く実施できる全ゲノム解析」を可能にする体制を確立する。
事業支援、生活支援、さらには医療支援について、網羅的、包括的で、大胆かつ十分な支援となるよう、パッチワーク的で不十分な現状の支援策を抜本的かつ速やかに組み替え、簡易な手続きで迅速に届けられるよう強化する。
ワクチン接種は、現場の自治体や医療機関が何を必要としているかを把握し、丁寧に寄り添いながら地域の実情に応じた接種体制を確立する。
ワクチンのブースター接種が必要となる場合に副反応の強さを見極めた上で、「ワクチン休暇」の導入を検討する。
国産ワクチン開発や製造体制強化への支援をこれまで以上に強力に推進する。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
命と経済と選挙(オリ・パラ)、結果的にこの三者の間で優先順位がゆれ動き、迷走した一年半だった。命あっての経済であるとの認識のもと、現場の声に寄り添い、公開された専門家の意見を踏まえながら、最終的には自らの責任と判断で結論を出すという、本来の政治を取り戻さなければいけない。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る