人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

新たな水稲用除草剤「ワザアリ楽粒(らくりゅう)」の効果は? 購入した生産者に聞く2023年9月25日

一覧へ

北興化学工業株式会社が開発した水稲用除草剤「ワザアリ楽粒(らくりゅう)」。昨年供試品で試験し、その効果を実感。今年本格的に導入した岡山県勝田郡奈義町の「豊沢営農組合」の森藤繁樹さんと瀬戸芳孝さんに話を聞いた。

豊沢営農組合 瀬戸芳孝さん(左)、森藤繁樹さん(右)豊沢営農組合 瀬戸芳孝さん(左)、森藤繁樹さん(右)

岡山県の県北地域の「豊沢営農組合」は水稲うるち米9.6ha、もち米0.2ha、飼料用米1ha、WCS1.5ha、麦2ha、大豆は黒大豆、白大豆、青大豆あわせて約6haを栽培する大規模営農組合で、森藤さんは水稲部門の責任者を務める。

豊沢営農組合は設立されて17年目。7名で、水稲1筆平均20~30aのほ場を約180筆管理している。

「ワザアリ楽粒」購入のきっかけはJAの紹介だった。昨年、田んぼに入らずに使用できる拡散性の優れた新しい除草剤だと聞き30aのほ場で北興化学工業の供試品で試験した。風上からの一辺処理で使用したところ雑草の発生がなく、田んぼ全体に拡散していると実感した。慣行除草剤を散布した一部のほ場ではノビエ、ホタルイが残草し、クリンチャーバスME液剤で対応したと森藤さんは話した。今年は1ha分の大型規格(2.5kg)を3袋(3ha分)購入した。

ワザアリ楽粒を散布したのは6月21日。代かきは6月5日、田植えは6月8日に行った。豊沢営農組合では安価な初期や初中期一発の除草剤を田植同時処理し、田植えの約2週間後にジャンボ剤を使用している。田植同時処理の除草剤は管理上、水をためずに田植えして散布する為、除草効果はあまり期待していないと前代表の瀬戸さんは話した。ワザアリ楽粒を散布したほ場は、風向きを考えて風上から一辺処理または周縁散布をした。

散布は簡便で30aのほ場では風上一辺処理で、作業時間は2分弱であった。

今年も除草効果に満足している。ワザアリ楽粒を散布したほ場はクリンチャーバスME液剤の追加散布が必要なく、コスト低減につながった。

散布ほ場(散布29日後)左図:ほ場全体、右図:条間散布ほ場(散布29日後)左図:ほ場全体、右図:条間

来年以降のワザアリ楽粒の使用について伺ったが、「楽に散布できるし、効果が良いので、ジャンボ剤と併用して、使用面積を増やしたい。ジャンボ剤は1aにパックを1個投入するので計量が楽だが大きな田んぼはパックを大量に散布しないといけないし、ほ場周縁を一周しないといけない。楽粒なら一辺処理できるから楽だと思う。」と二人は話した。

除草剤を選ぶ1番のポイントは価格、次に効果、省力性と続く。担い手直送規格も利用しコスト低減にも取り組んでいる。ワザアリ楽粒もコストダウンに繋がる大型規格が発売されればと期待している。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る