農薬 ニュース詳細

2013.02.06 
農業科学部門、売上高・利益とも過去最高 ダウ・ケミカル一覧へ

 ダウ・ケミカル(本社、米国・ミシガン州)は1月31日、2012年通期の業績を発表した。農業科学部門は売上高、EBITDA(金利・税金・償却前利益)ともに過去最高だった2011年の業績を上回った。

 売上高は、農業科学部門を除くすべての部門、すべての地域で減少し、全体でも前年比5%減の568億ドルだった。販売数量は2%減、販売価格は3%減だった。売上高の減少や価格下落の主な要因は為替の影響だという。
 特別計上項目を除く純利益は22億ドルで、同24%減だった。同EBITDAは75億ドル、同1株あたりの利益は1.9ドルだった。
 全体としては減収減益だったが、農業科学部門だけは好調を維持した。
 売上高は64億ドル、EBITDAは9億7700万ドルで、ともに過去最高を記録。アンドリュー・リバリスCEOはこの好調について「技術開発が推力になった」と分析している。同社は成長分野への優先投資をすすめており、2012年の研究開発費や販売・一般管理費の増額分1億3500万ドルのうち95%が農業科学部門にあてられた。
 アンドリュー・リバリスCEOは2013年の事業計画について、「川上原料の競争力、パフォーマンスプラスチックの競争力を十分に生かし、技術対応型の農業科学部門の成長を一層加速させる」としている。


(関連記事)

農業関連事業が引き続き好調 デュポン2012年業績 (2013.01.29)

1株あたり32セントの配当 ダウ・ケミカル (2012.12.18)

信越化学工業、デュポン、ダウ、モンサントなどが受賞 世界の革新的企業トップ100 (2012.12.12)

がん患者への支援活動で表彰 ダウ・ケミカル (2012.11.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ