農薬 ニュース詳細

2013.04.19 
イチゴのハダニ類、トマトの灰色かび病発生多い一覧へ

 農水省は4月18日に、平成25年度病害虫発生予報第1号を発表した。

 これによると向こう1カ月の主要な病害虫の発生が「多い」と予想されるのは次の通りとなっている。

【露地栽培野菜】
 沖縄のレタス「菌核類」「アブラムシ類」

【施設栽培野菜】
 南東北、北関東、東海のイチゴ「ハダニ類」。
 九州のキュウリ「うどんこ病」、北関東のキュウリ「アザミウマ類」。
 東海、四国のトマト「灰色かび病」、東海トマト「コナジラミ類」。
 四国のナス「すすかび病」、「コナジラミ類」、四国、北九州のナス「アザミウマ類」。
 南九州のピーマン「アザミウマ類」、四国のピーマン「アブラムシ類」。

【果樹】
 東海一部地域のカンキツ類「かいよう病」。
 北東北一部地域のリンゴ「腐らん病」。
 東北一部ちいきのナシ「黒星病」。

 2月13日以降に都道府県が発表している警報はない。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ