農薬 ニュース詳細

2013.09.09 
殺虫剤「サイアジピル」 2014年登録めざす一覧へ

米国デュポン社農業製品事業プレジデント リック・L・ミラー氏が来日会見

 デュポン社(本社・米国デラウェア州)の農業製品事業プレジデント、リック・L・ミラー氏が来日。9月5日に都内で会見を開き、同社の農業関連事業や新剤開発の進捗などについて語った。

米国デュポン社農業製品事業プレジデント リック・L・ミラー氏が来日会見 同社の農業製品事業売上高は104億ドル。全体の約3割を占め、事業部門別では最大だ。これに食品・栄養関連事業をあわせた両事業に年間研究開発費約20億ドルの6割を投資し、同社の成長戦略の中で重要な位置付けとなっている。
 農業製品事業の研究開発では、「常に10ほどの化合物を開発ラインに乗せている。開発状況にもよるが、毎年新製剤を打ち出していきたい」(ミラー氏)と意欲的だ。
 日本で近年、上市が見込める剤では、殺虫剤Cyazypyr(サイアジピル)、殺菌剤QGU42を紹介した。
 サイアジピルは09年に上市した殺虫剤リナキシピル(商品名「サムコル」、「プレバソン」など)と同じような殺虫スペクトラムを持つが、リナキシピルが咀嚼性害虫への卓効を示すのに対し、さらに吸汁性害虫にも高い効果を持つ。国内では「早ければ14年半ばに登録を取得する」(デュポン日本法人の後藤周司・常務執行役員)見込みであり、「リナキシピルをしのぐ、80億から100億円ほどの売り上げを期待」している。QGU42はべと病・疫病に優れた効果があり、国内では16年の登録取得をめざす。
 また、今春、JA全農と共同開発することを発表した新しい水稲用ウンカ剤RAB55も「順調に開発が進んでいる」ほか、主要穀物の新たな種子処理剤Lumizen(ルミゼン)の研究開発も、日本への投入も視野に入れて進めているという。
 ミラー氏は農業製品事業のめざす姿を「デュポン社が持つさまざまな化学技術を組み合わせることで、より優れた問題解決の手法を提供していく。食糧、飼料などに対する現在と将来ニーズへの対応、作物や農業資源の保護、農業コミュニティの社会的、経済的繁栄の促進に貢献し、農業の持続的成長を実現したい」と語った。

(写真)
「より優れたソリューションを提供し、株主と顧客に貢献したい」と目標を掲げるミラー氏


(関連記事)

大型チョウ目に効果「トルネードエースDF」(2013.06.14)

全農とデュポンがウンカ専用剤を共同開発 平成30年の販売めざす(2013.02.15)

農業関連事業が引き続き好調 デュポン2012年業績(2013.01.29)

【人事速報】 天羽稔氏が新会長、田中能之氏が新社長に デュポン (1月1日付) (2012.12.20)

農業残滓のトウモロコシ茎葉からエタノールを生産 デュポン (2012.12.12)

信越化学工業、デュポン、ダウ、モンサントなどが受賞 世界の革新的企業トップ100 (2012.12.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ