左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「デンカビッグスワン」命名権の基本協定締結2013年11月8日

一覧へ

 電気化学工業、新潟県、(株)新潟アルビレックスの3者は11月6日、新潟県庁で新潟スタジアム(新潟市中央区)のネーミングライツ(命名権)についての基本協定を締結した。

締結式で握手する3名(左から)田村貢・新潟アルビレックス社長、泉田裕彦・新潟県知事、吉高紳介・電気化学工業社長 電気化学工業は9月、平成26年1月1日から新潟スタジアムのネーミングライツスポンサーになることが決まった(既報)。
 正式名称はデンカビッグスワンスタジム(DENKA BIG SWAN STADIUM)で、略称は「デンカビッグスワン」、「デンカS」。メイン競技場の隣にあるサブグラウンドは「デンカスワンフィールド」になる。
 ネーミングライツの付帯事項としては、メインスタンドへの常設広告、サッカーJリーグのアルビレックス新潟トレーニングウェア襟元へのロゴ掲出、大型ビジョンでのCM放送権、などがある。
 契約期間は平成26年1月1日から3年間。

(写真)
締結式で握手する3名(左から)田村貢・新潟アルビレックス社長、泉田裕彦・新潟県知事、吉高紳介・電気化学工業社長


(関連記事)

【人事速報・機構改革】電気化学工業(2013.10.31)
新潟スタジアムの命名権取得 電気化学工業(2013.09.11)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る