左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

土壌病害、センチュウ対策でフォーラム2014年6月18日

一覧へ

 土づくり推進フォーラム(事務局:日本土壌協会)は7月30日、東京・一ツ橋の日本教育会館でシンポジウムを開く。今回のテーマは「土壌病害、センチュウ害対策の最近の動き」。

 近年、生産現場で土壌病害、センチュウ被害などが大きな問題となっている。今シンポジウムでは、これらの病害虫の診断、対策などについて、最新音研究成果などを紹介する。

【イベント概要】
土づくり推進フォーラム「土壌病害、センチュウ害対策の最近の動き」
○日時:7月30日(水)
○会場:日本教育会館・一ツ橋ホール(東京・一ツ橋)
○参加費:会員2000円、一般3000円(講演会後の懇親会は5000円)
○申し込み・問い合わせは土づくり推進フォーラム(TEL:03-3292-7281、FAX:03-3219-1646)まで。
○講演内容
▽「発病抑止土壌、土壌アルミニウムイオン等と土壌病害の発生」村上弘治・農研機構
▽「アスパラガス廃棄物とキタネグサレセンチュウ抑制」浦上敦子・農研機構
▽「ナギナタガヤ等の草生と紋羽病」石井孝昭・京都府立大学教授
▽「微生物資材を活用した果樹の樹勢と土壌病害抑制」猿田年保・(株)松本微生物研究所

 

(関連記事)

・作期移行で高温障害防ぐ 土づくりシンポジウム(2013.12.13)
https://www.jacom.or.jp/shizai/news/2013/12/131213-22993.php

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る