農薬 ニュース詳細

2015.11.13 
売上高は100億(コープケミカル分)片倉コープアグリ一覧へ

平成28年3月期第2四半期決算

 片倉コープアグリ(株)は11月11日、平成28年3月期第2四半期業績(コープケミカル分)を発表した。売上高は前年同期比1.4%減だった。

 主力の肥料事業は、農地面積の減少、肥料需要の縮小、施肥コスト抑制運動の展開、肥料需要減少に伴う国内企業間競争の激化、マーケットのグローバル化に伴う海外肥料メーカーとの競争激化など、厳しい状況が続いた。
 当第2四半期連結累計期間における営業成績は、肥料事業で土壌改良資材などの一部販売中止、及び米価低迷により荷動きが悪化し、減収となった。また化成品事業は、汎用品が好調に推移し増収となった。
 この結果、売上高は100億4400万円(前年同期比1.4%減)、営業損失3300万円、経常損失は9100万円となった。親会社株主に帰属する四半期純損益は、投資有価証券売却益など特別利益に3億4400万円を計上したが、事業撤退損および組織再編費用など特別損失に3億3700万円を計上した結果、親会社株主に帰属する四半期純損失は8700万円となった。 

(関連記事)
平成28年3月期第2四半期決算 売上高は89億7900万円 片倉コープアグリ(株) (15.11.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ