農薬 ニュース詳細

2019.09.17 
農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」の粒剤散布装置を発売 一覧へ

 ドローン総合サービス事業を行うFLIGHTS(東京都品川区)は、農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」の粒剤散布装置の販売を開始した。

粒剤散布の要望にも応える

粒剤散布の要望にも応える

 3月に発売した「FLIGHTS-AG」は、液剤散布にのみ対応していたため、農家や農薬散布事業者からの要望が高かった粒剤散布の要望にこたえた。
 散布時期や用途によって 、1台のドローンで装置を付け替えて使えるよう液剤散布装置と粒剤散布装置がセットになった「FLIGHTS-AGダブルパッケージ」も同時に発売。農薬散布、除草剤散布、追肥や播種とさらに用途が広がった。

農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」と粒剤散布装置のセット

農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」と粒剤散布装置のセット

粒剤散布イメージagri1909170804.jpg

(写真)粒剤散布イメージ/10kgの大容量タンク

 「FLIGHTS-AG 粒剤散布装置」は、粒径0.5~6㎜の粒剤に対応。マニュアルモードで250g粒剤や500g粒剤のスポット散布できる。また、1kg粒剤は、半自動モードで均一散布できる。
 10kgの大容量タンク。kg粒剤の場合、1フライト約10分で1haに対して10kgの散布が可能。

 セット内容は、機体(液剤散布装置 タンク容量10リットル)、粒剤散布装置、送信機、バッテリー2本、バッテリーチャージャーで91万8000円。粒剤散布装置(単体)で10万8000円。価格はいずれも税別。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ