想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ビワキジラミの防除マニュアルを改定 農研機構2020年11月5日

一覧へ

農研機構は11月4日、ビワキジラミ防除の総合技術マニュアル改訂版をホームページで公開した。新たに登録・適用拡大された農薬3種類を追加し、年3回の防除を柱に生産・防除指導に役立つ被害低減技術を分かりやすく紹介している。

ビワキジラミの成虫ビワキジラミの成虫

ビワキジラミは2012年に国内で初めて確認された新しいビワの害虫。発見時には未知の害虫だったため対策技術が十分ではなく、急速に被害が拡大していた。

そこで農研機構は分布拡大の抑制と防除技術の確立に着手し、関係県の研究・普及機関や生産者団体、大学とともに、ビワキジラミの生態解明やモニタリング、防除技術などの開発を進めており、「ビワキジラミ防除のための総合技術マニュアル」として取りまとめ、今年3月に初版を公開した。

袋かけした果実の被害 袋かけした果実の被害

改定版マニュアルでは、今年新たにビワキジラミに適用拡大された「アセタミプリド水和剤」(商品名:モスピラン顆粒水溶剤)、「ピリダベン水和剤」(サンマイト水和剤)に加え、収穫期にビワキジラミが高密度で発生したときの収穫後の応急的な散布や、苗木新植時の予防的な散布などで利用可能な農薬として新規登録された「DMTP乳剤」(スプラサイド乳剤40)の情報を追加。秋季(開花初期)、春季(袋かけ前)、夏季(収穫後)のビワキジラミ対策に最適化した防除暦を更新した。

農研機構を中心とした研究グループでは、ビワ生産の効率的な年間防除スケジュールが確立されたことを受け、「ビワキジラミの被害に悩む地域の生産・防除指導に役立つことを期待している」とし、ビワキジラミの発生地域でも安心してビワ栽培ができる防除暦の活用を呼びかけている。

改訂版のマニュアル(PDF形式)は農研機構のウェブページから無料ダウンロードできる。

【ビワキジラミ防除のための総合技術マニュアルダウンロードURL】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る