Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

宇野昌磨選手をモデルに 農薬の安全使用を推進 ランネート普及会2021年5月28日

一覧へ

コルテバ・アグリサイエンス、ダウ・アグロサイエンス日本、クミアイ化学工業、日本農薬、北興化学工業、三井化学アグロの6社で組織するランネート普及会は、フィギュアスケートの宇野昌磨選手を起用したポスターを制作し、農薬の安全使用を呼びかけている。

キャンペーンのポスター (クリックで拡大)キャンペーンのポスター
(クリックで拡大)

同キャンペーンは、農林水産省、厚生労働省、環境省、各都道府県が推進する6月からの農薬危害防止運動に合わせて実施。全国の官公庁、農業関係団体、試験研究機関、JA、卸店などの流通機関にポスター(A2サイズ1万2000枚、A1サイズ1300枚作成)を配布する。

宇野選手は、5歳でスケートを始め、2014年~2015年シーズンに全日本選手権で銀メダルを獲得。アジアフィギュア杯、全日本ジュニア選手権、ジュニアグランプリファイナル、世界ジュニア選手権で優勝するなど多くのタイトルを獲得した。シニア移行後の2017年、2018年の世界選手権で2年連続銀メダルを獲得。初出場となる2018年平昌オリンピックでは、銀メダルを獲得し、2019年の全日本選手権では、4度目、4年連続の優勝を飾るなど今後、さらなる活躍が期待される。

同会は、日本のホープとしてフィギュアスケートに精進する宇野選手のイメージに重ね、「基本を忘れない。明日の笑顔のために。」をキャッチコピーに、ポスターを通じて生産者に農薬の正しい使用方法を守り、安全な使用を継続していくことを呼びかける。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る