想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬:防除学習帖

野菜の害虫防除11 その他害虫【防除学習帖】第76回2020年11月6日

一覧へ

前回までに害虫の分類ごとに生態や防除法を紹介し、農業現場で問題となる害虫種はほぼ紹介したので、それら以外で農業現場で問題となるものとして、ハナバエとナメクジ・カタツムリを紹介する。
特にハナバエは、幼い作物や種に被害を起こすことから、加害されると生育が全くできず被害も大きいので、確実な防除が必要である。
以下、それらの特徴と防除法を整理した。

1.野菜類に発生するハナバエ・ナメクジ・カタツムリ

ハナバエは、ハエ目ハナバエ科に属する害虫で、作物に被害を起こすものはタマネギバエとタネバエである。いずれもハエの仲間であるが、土中に産卵、孵化し、土中から加害する特徴がある。これらは、幼い植物や発芽食後のタネを加害するので、そこで生育が停止し、大きな被害を起こす。
カタツムリ・ナメクジは、野菜の葉に発生し、夜間や雨の日などに物影などから出てきて、作物の葉を加害する。
これらの、加害作物、生態他を表に整理した。

野菜を加害するその他害虫

2.被害

タマネギバエの被害は、孵化幼虫がタマネギ、ネギの鱗茎に食い入り、加害された株や鱗茎が枯死することで起こる。これにより、商品価値が大きく低下する。
タネバエの被害は、水を吸ってふくれた種や発生直後の柔らかい芽や根を好んで食べるので、種子は発芽できなくなる。発生が多いと苗立ちが著しく低下し、栽培が成り立たない。有機質肥料のにおいによって成虫が誘引される。
カタツムリやナメクジの被害は、日中に地中や日陰に隠れていたものが、夜間や雨の日に活動し、作物の葉を加害する。このため、葉物野菜などは品質を大きく低下させ、発生が多い場合は葉の活性低下により生育不良・品質低下となる。

 
3.防除法

タマネギバエとタネバエは、土中から発生するので、土壌施用粒剤を土中に均一に混和する。近年は、クルーザーなど種子処理により防除する殺虫剤も登場しており、種に確実に薬剤を付着させることができるので防除効果が安定するようである。
カタツムリ・ナメクジは、夜間、湿度の高い日に加害するので、降雨があった日の夕方を狙って、メタアルデヒド剤などの薬剤を散布すると効果がある。
以下に、作物別登録農薬を整理したので参考にしてほしい。実際の使用にあたっては、登録内容をよく確認し、適正使用に努めてほしい。

野菜のその他害虫別登録農薬一覧野菜のその他害虫別登録農薬一覧(クリックでPDFをダウンロード)



このシリーズの一覧は以下のリンクをご覧ください

防除学習帖】

NOYAKU1_1600_900.jpg

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る